本文へ移動
鋼・コンクリート構造物の非破壊検査
及び調査・教育・コンサルタント
「信頼のネットワークを21世紀へ」
建物の調査・非破壊検査を通じて、
地域に愛される企業をめざします。
 
鉄工所内にて超音波探傷検査
鉄骨溶接部(内ダイアフラム)
鉄筋継手部の圧接・溶接個所をゲージで測定
室内空気中の化学物質の調査もしております。
測定前8時間程度換気が必要です。
指定の化学物質を特殊紙に吸着させて検査機関で成分分析をする
24時間パッシブ法を採用しております。
女性スタッフが建設新聞に掲載されました。
佐賀建設新聞平成28年 2月号
佐賀県工業技術センターにて、
県内の溶接技術向上に少しでも貢献できるよう講演。
UTレベル1.2.3又は鉄筋の継手部検査についての
講習会・勉強会を参加費無料で
試験時期に合わせて開催しております。

有限会社佐賀検査サービスからのお知らせ

講習会・勉強会開催のご案内
2019-01-21
社内講習会の様子
議題は【鋼構造建築溶接部の超音波探傷検査基準】
改定講習会に参加して勉強してきた社員が
説明しながら情報の共有と確認をしました。
2019年 1月
本年度も試験対策その他講習会・勉強会開催を予定しております。
ご要望やご質問等が御座いましたらいつでも弊社社員にお声かけ下さい。
 
先輩の助けを借りながら新人も発表
TOPへ戻る