本文へ移動

事業案内

1.非破壊検査

鉄骨溶接部の超音波探傷検査
鉄骨溶接部の超音波探傷検査
 超音波探傷検査とは、人間の耳には聞こえない高い周波数の音波を試験体に送り出し、その反射エコーを探傷器上に表示し内部の異常や欠陥を探りだす方法です。
 
鉄骨溶接部は余盛があるため通常、斜角探傷法が適用されます。
 
探触子から入射された超音波は欠陥があればそこから反射して戻ってくるので、欠陥を検出することができ、入射してから戻ってくるまでの時間を測定すれば、探触子から反射源までの距離を知ることができます。
 
探傷器の画面上に表示される。横軸は探触子から反射源までの距離を示し、縦軸は反射して戻った超音波の強さを表しています。
本社
有限会社佐賀検査サービス
 
本社
〒849-0503
佐賀県杵島郡江北町惣領分3971番地2
TEL:0952-20-6636
FAX:0952-20-6635
0
2
1
9
4
2
TOPへ戻る